災害派遣について知ることのできるページblog版

アクセスカウンタ

zoom RSS 火炎放射器でコレラ菌付着の疑いがあるバナナを焼却(昭和37年)

<<   作成日時 : 2006/05/14 19:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

『静かな平和を祈って』(陸上自衛隊中部方面総監部 昭和37年度)(伊丹市立図書館所蔵)によるとコレラ菌付着の疑いがある台湾産バナナを災害派遣として「火焔放射器」(原文ママ)で焼却処分したという。


火器を使用する災害派遣は非常に珍しい。


じゃりン子チエ時代考証」によると「1962年8月、コレラ騒動。台湾バナナからコレラが感染するという噂が広がり、神戸港で陸揚げされたバナナ1億6千万円分が自衛隊の火炎放射器によって焼却処分にされる。」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コレラ菌に関するサイト
コレラ菌に関する情報サイトです。 ...続きを見る
コレラ菌net情報部
2008/04/14 09:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
火炎放射器でコレラ菌付着の疑いがあるバナナを焼却(昭和37年) 災害派遣について知ることのできるページblog版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる