災害派遣について知ることのできるページblog版

アクセスカウンタ

zoom RSS 災害派遣の舞台「瀬戸公園」(神戸市東灘区魚崎南町1丁目)

<<   作成日時 : 2006/08/17 18:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

  「瀬戸公園」は神戸市東灘区にある公園で、現在は野球場、サッカー場、テニスコートを備えた公園である。(周辺地図)ここは、阪神・淡路大震災の際1月20日から1月末ごろまで、第10師団前方指揮所、第35普通科連隊(+)が宿営し、被災地頭部における災害派遣活動の重要な拠点となった場所であるが、他の同様な役割を与えられた施設(しあわせの村や王子公園)などに比べて規模が小さく、また被災者のすぐそばにあったという特徴が見られる。


画像

酒井洸嘉氏撮影の当時の写真(外部サイト)


 第3師団や第13師団はそれぞれ王子公園、しあわせの村など広大な宿営地を確保したが、第10師団は瀬戸公園をはじめとする数ヶ所に分散宿営し、住民と混在して救助活動に当たったとされている。


 なぜ、このような地域に宿営することになったのか、正確なとことを記されて資料は保有していないが、南南東徒歩10分程度の場所にある海上自衛隊阪神基地隊の支援を期待していたものと考えられる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
災害派遣の舞台「瀬戸公園」(神戸市東灘区魚崎南町1丁目) 災害派遣について知ることのできるページblog版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる