災害派遣について知ることのできるページblog版

アクセスカウンタ

zoom RSS SECURITARIAN(セキュリタリアン)の休刊に異議あり!!!

<<   作成日時 : 2006/09/11 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 今月号のセキュリタリアン(防衛庁の事実上の広報誌)がとどいた。なにやら手紙とテレホンカードが同封されており今月号で休刊になるという。急な決定だったのか本誌には休刊になるといった記載がない。


 休刊の理由は、一連の行政改革の動きの中で「公益法人等との随意契約の適正化」により防衛庁と防衛弘済会の調達契約も見直しの対象になったためである。


 セキュリタリアン前身の防衛アンテナの時代から全国の都道府県立図書館や大学などに無償配布されて、過去の災害派遣などを調べる際の貴重な資料となっている。各部隊のホームページが出揃いつつあるとはいえ、更新頻度や内容も十分とは言えないし、古くなったものは削除されている中でこのような広報誌は今なお重要な地位を占めているといえよう。


 また、内容についても自衛隊員個人や部隊での生活、訓練、火器などの装備品及び技術の解説等続けて購読すれば基礎的な知識や(防衛庁がアピールしたい)自衛隊の姿が理解できるほぼ唯一の雑誌であった。


 「金が無いから」・「行政改革の時代の流れだから」といって口をつぐんでしまっては昔のさげすまれた自衛隊に戻ってしまうのではないかと危惧するところだ。誰もが容易に自衛隊を知ることが出来るからこそ、今の高い評価があるのではないだろうか。阪神・淡路大震災など、セキュリタリアンを使って自分たちの出来ることと出来ないこと・出来なかったことをありのままに説明してきたからこそ正当な評価が得られたのではないのか。


別に防衛弘済会が発行元である必要はないが、少なくとも、「防衛庁の広報誌」が断絶するような事態は避けるべきである。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
MamoR(マモル)
防衛庁の新広報誌が扶桑社より平成19年1月20日創刊される。 ...続きを見る
災害派遣について知ることのできるページb...
2006/12/15 21:49

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
SECURITARIAN(セキュリタリアン)の休刊に異議あり!!! 災害派遣について知ることのできるページblog版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる