災害派遣について知ることのできるページblog版

アクセスカウンタ

zoom RSS 災害派遣を批判のだしに使うのはむずかしい・・・

<<   作成日時 : 2007/01/21 12:04   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

社民党所属の衆議院議員 阿部知子氏が2007/1/19 カエルニュース第253号としてホームページに掲載した内容について複数のブログで非難がなされているようである。阿部氏曰く
 安倍晋三政権になってから「国を愛する」・国防の強化などの言葉が氾濫し、あたかも外敵から国民を守るために国家の力=軍隊が必要であるかのように宣伝されるが、実は「軍隊は国民を守らない」という事実は戦争を通して如実に示されてきた。軍隊はもちろんのこと警察も、戦闘のためあるいは犯罪に対しての対処を第一とするため、国民保護は二の次、三の次となる。

 阪神大震災は12年目を迎えたが、国民を災害から守ることを任務とされているはずの自衛隊が、国による命令を受けて救援に向ったのは、数日を経て後のことであった。日本の場合、自衛隊は軍隊ではないし、国土保安隊として出発し、防災のたねにも働くことを任務としてきた特別な生い立ちがあるのに、である。

ということなのだが、以前からブログやホームページで主張しているように災害派遣をだしにして自衛隊の活動をあれこれ肯定・批判するのは難しく安易にやってしまうと、反論・非難が寄せられることとなる。

では、この文章では何が問題となるのであろうか。阿部氏の主張したいところは「実は「軍隊は国民を守らない」という事実は戦争を通して如実に示されてきた。」というところであろう、阪神大震災以下のくだりはこの部分を補強するために記述されている。

まず、第一に問題となるのは「国による命令を受けて」という部分である。当時、災害派遣を命じることが出来たのは「防衛庁長官又はその指定するもの」であった。国は自衛隊に災害派遣を命令しない。(国などという実態が不明確なものが命令するというのならばその結果に対する責任は誰が負うのか)国という表現となると、当時の村山政権としての決断の遅れか、単なる災害派遣についての指摘か見えにくい。

第二に「自衛隊が・・・救援に向ったのは、数日を経て後のことであった」という部分である。まず事実関係を整理すると、「その指定するもの」である姫路駐屯地司令は1月17日午前10時に兵庫県知事からの要請を受けて部隊を派遣、午後には神戸市内で救助活動を実施しているのでこの指摘は誤りである。

第三に「国土保安隊として出発し、」という点であるが、まず自衛隊は警察予備隊→保安隊→自衛隊と名称と役割を変えており"国土保安隊"が何をさしているか不明である。

第四に「防災のたねにも働くことを任務としてきた特別な生い立ちがある」というくだりがあるが、「警察予備隊は、治安維持のため特別の必要がある場合において、内閣総理大臣の命を受け行動するものとする。」(警察予備隊令第3条)とされており、生い立ちの過程ではなく発展の過程で付加された任務であるし、そもそも自衛隊類似の諸外国の機関が災害派遣相当の任務を行なうのは一般的である。なお、アメリカの約半数の州が州兵(戦闘機なども装備する州の軍隊)を災害対処の主機関として指定している。

以上4点問題を指摘したがひるがえって、「阪神大震災・・・」のくだりが無かった場合に阿部氏の主張である「実は「軍隊は国民を守らない」という事実は戦争を通して如実に示されてきた。」という意見が主張できないかというとそんなことはない、阿部氏は「戦争を通して如実に示されてきた」としているのであるから補強事例も戦争を通じたものにすればよかったのである当然事例は数多くご存知で、少々の反論は十分跳ね返すことが出来るのだろう。

国会議員なのだから国会図書館のような調査機関もあるのだから少し問い合わせをすればこんな失態を犯さずにすんだのではないのだろうか。阿部氏の思想信条についてどうこう言うつもりはない、奇策を労さず、正々堂々と(戦争で軍隊が国民を護らなかった事例を提示して)主張すればよいのである。国会議員という国権の最高機関に属する以上偽りの事実の提示で国民の判断を誤らせかねない発言は慎むべきだ。

参考リンク「災害派遣要請

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
災害派遣を批判のだしに使うのはむずかしい・・・ 災害派遣について知ることのできるページblog版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる