災害派遣について知ることのできるページblog版

アクセスカウンタ

zoom RSS 防衛問題セミナー テロに立ち向かう自衛隊

<<   作成日時 : 2007/09/23 16:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

某日 地方防衛局主催の「防衛問題セミナー テロに立ち向かう自衛隊」に参加。

内容は「内局」と「テロ特措法でインド洋に派遣された部隊の隊員」、「外務省の事務官」が3人一組で全国行脚し、インド洋における海洋給油活動に関する話をするというもの。

関連記事は『朝雲』9月20日付け1面掲載

以下個人的感想等
●話のなかで印象に残った点として
・もともとイラク戦争が始まる前からこの活動は行なっている

・九州から北海道までの地域がすっぽり覆われるような広い海域で阻止活動をするためには海上給油しないと時間のロスになる

・イラク戦争がらみに使われているのでは質問に対しては、国家間の交換公文と実際に給油するときに現地で確認している

・活動環境は劣悪(気温(甲板で目玉焼きができる)、地理的条件(砂漠からの砂塵が電子機器等に影響))

・海上給油には高い練度と装備が必要(悪天候でも安定して給油可能な)

・海上給油は航行しながら行なう(数時間かけて)

・海上給油を有償でする国もある。ただ、国連決議は各国が出来ることをするよう求めている。日本は汗もかけるし物資も提供できるならそうすべきだというのがテロ特措法の思想だ

・ゴラン、クウェート、ネパールそしてインド洋、派遣されている隊員は国家の命により現地へ赴き任務についている。隊員の家族も長期間の派遣に耐えている。どうかこういう人たちのことを忘れないでほしい。

・延長に向けては最善の努力をしたい

●セミナーに関する感想
・外務省まで巻き込んでやっている点は意欲を感じる

・セミナー自体の広報には甘さを感じる。(会場にいる人が年配の男性が中心)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
防衛問題セミナー テロに立ち向かう自衛隊 災害派遣について知ることのできるページblog版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる