災害派遣について知ることのできるページblog版

アクセスカウンタ

zoom RSS 映画「マリと子犬の物語」見てきた

<<   作成日時 : 2007/12/08 21:40   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

自衛隊協力だというので映画「マリと子犬の物語」見てきた。

ネタばれがあるので、見たくない方は見ないようにお願いします。



























印象
 ・犬を置いて行った理由を15分くらいかけて非常に丁寧に描写している(救助シーン15分くらい)
  →気流が悪くて降りられない
  →おじいさん緊急に輸血が必要
  →救助にあたった自衛官は非常に悔しがってた。

 ・自衛隊いっぱい出ているというか救援のメイン機関のように描写されている
  →さすが内局の後方から陸自後方センター、東方、12旅団など全面バックアップ
  →最後のテロップで他機関の活動もちゃんとあったことをアナウンスしている。

 ・最後に各家族の代表1名が自衛隊ヘリで山古志へ様子を見に行くシーン
  →2曹が(お父ちゃんは村役場の代表だからお嬢さんも載せてあげるよみたいなことをいう)そこまで関与できるのか?という疑問
  →というかまわりでいっぱい村人見ている前でそんなことやったら暴動になるんじゃないかと思う(2曹の自衛官がそういうふうにいう言う気持は映画なのかで描写されていたが、村人の気持が一致する描写はあんまりなかったような印象)


 ★ でも一番の変化は、自衛隊がペットの「犬」を助けて帰ってくるっていう話が映画にまでなったことだと思った。しかも、最初に犬を乗せない理由を非常に丁寧に説明する必要がある時代になったということも含めて。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
映画「マリと子犬の物語」見てきた 災害派遣について知ることのできるページblog版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる