災害派遣について知ることのできるページblog版

アクセスカウンタ

zoom RSS 鳥取県三朝町三徳山における行方不明者の捜索の手記

<<   作成日時 : 2008/06/29 08:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『朝雲』平成20年6月26日号 10面に行方不明者の捜索にあたった8普連第3中隊長 井上三佐の手記あり。

鳥取県によると、鳥取県での災自衛隊の災害派遣は、平成12年10月6日の鳥取県西部地震以来のこと。


井上三佐の手記の要点

・捜索にあたった地域は500m四方だが断崖絶壁の難所
・46普連からもレンジャー小隊が応援に来る予定
・降雨が予想され午後からは目視捜索に切り替えたが、若い隊員が人命救助のために来ているのにこれでは助けにならないとして小隊長に捜索範囲の拡大を上申し、若干捜索範囲を拡大
・降雨をさけるため1500に下山開始
・1600ごろ翌日の活動のため偵察中のK2曹が行方不明者を発見。
・井上三佐は大人数を投入して発見できないことにプレッシャーを感じていた。


(参考)防衛省ホームページ
鳥取県三朝町(みささちょう)における行方不明者の捜索に係る災害派遣について
(最終報)
平成20年5月28日

※これは速報であり、数値等は今後変更することがある

1 一般状況
 5月26日、鳥取県東伯郡(とうはくぐん)三朝町(みささちょう)三徳山(みとくさん)において、寺の参拝をしていた男性(79歳)が行方不明となり、警察及び消防が捜索したが発見されなかったため、27日、鳥取県知事から陸自第8普通科連隊長(米子)に対し災害派遣要請がなされた。28日より捜索を実施したところ、陸自第8普通科連隊の隊員が男性を発見したため、撤収要請がなされた。

2 自衛隊の対応状況
(1)活動部隊
陸自第8普通科連隊(米子)、陸自第46普通科連隊(海田市)、陸自第13飛行隊(防府)、鳥取地方協力本部(鳥取市)

(2)派遣規模
人員約230名、車両約40両、航空機2機

(3)主な活動状況
【27日】
2110 鳥取地方協力本部(鳥取市)から連絡員(人員1名、車両1両)を県庁に派遣。
2145 鳥取県知事から陸自第8普通科連隊長(米子)に対し、行方不明者の捜索に係る災害派遣要請。
【28日】
0400 陸自第8普通科連隊(米子)の人員約200名、車両約40両が出発。じ後、捜索活動を実施。
0618以降 陸自OH−6(防府)×1機、UH−1(防府)×1機が離陸。じ後、捜索活動を実施。
1330 陸自第46普通科連隊(海田市)の人員約30名、車両4両が出発。じ後、捜索活動を実施。
1601 陸自第8普通科連隊(米子)の隊員が男性を発見、本人確認(1740死亡確認)。
1820 撤収要請。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鳥取県三朝町三徳山における行方不明者の捜索の手記 災害派遣について知ることのできるページblog版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる