災害派遣について知ることのできるページblog版

アクセスカウンタ

zoom RSS 平成22年 宮崎県 口蹄疫関連

<<   作成日時 : 2010/05/23 00:44  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

経過まとめ

3/31 第6例発生(遺伝子検査による感染確認は4/23)
4/20 第1例発生
4/28 第8-10例発生(以降5月20日まで毎日)
5/01 (AM)第8師団司令部、陸自第43普通科連隊、第8施設大隊、宮城県庁へ連絡員派遣
    12:00宮崎県知事より1. 埋却場所の掘削、2. 殺処分後の死体・汚染物品の運搬及び埋却、3. 施設の消毒作業に係る災害派遣要請、第43普通科連隊等約110名 車両約20両を川南町に派遣
5/02 空自第5航空団(新田原基地@児湯郡新富町)より連絡員を川南町役場へ派遣
    陸自派遣部隊実作業開始
5/09 第50例発生
5/11 第43普通科連隊が川南町周辺7ヶ所において消毒ポイントの支援を開始
5/13 空自第5航空団が川南町南部1ヶ所において、車両消毒ポイントの支援を開始
5/14 (この時点での派遣規模)
    自衛隊 延べ約1700名
    宮崎県警(専従者)延べ3077名
5/15 第100例発生
5/17 政府 口蹄疫対策本部設置
    現地対策本部要員として内局(運用企画局)、統幕、陸自西部方面隊より各1名宮崎県庁へ追加派遣
    このころの運用方法(陸自)約150名が農場での防疫3日間、消毒ポイント支援3日間で7日目に部隊交代(『朝雲』H22.5.20 p7)
5/18 このころの運用状況 4箇所の農場での作業、消毒ポイント支援(陸自7箇所、空自2箇所)
5/20 ここまでの実績人員約2710名車両約830両 支援農場18か所、消毒ポイント支援等
    第5航空団の連絡幹部が西都市役所、高鍋町役場、新富町役場にも派遣されるようになる。
    第150例発生 

以上、防衛省ホームページ(http://www.mod.go.jp/)、宮崎県ホームページ 口蹄疫に関する情報提供について (http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/nosei/chikusan/miyazakicow/h22kouteindex.html)、農林水産省ホームページ 口蹄疫に関する情報(http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/katiku_yobo/k_fmd/index.html)それぞれ平成22年5月22-23日閲覧 『朝雲』(H22.5.13およびH22.5.20)より作成。


以下、個人的な思考
 ・災害対策基本法に定める「災害」の定義から類推するに今回の事態は隊法第83条の「天災地変その他の災害」には該当しないと思うので隊法100条(土木工事等の受託)でやるべきだと思う。
 ・とはいえ災害派遣の立法趣旨が自衛隊の有効活用である以上、防衛大臣クラスが政策的見地で判断したというのであれば目くじら立てるほどの話でもないと思う。ただ政府対策本部に2週間以上先駆けて行われているところをみると鳥インフルの例を参考に現地部隊(師団or方面隊クラス)で判断したのではなかろうか
 ・空自は地元(児湯郡)の問題ということで参加していると推測。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
平成22年 宮崎県 口蹄疫関連 災害派遣について知ることのできるページblog版/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる